13:IBS【過敏性腸症候群】に対する西洋薬

IBSに対するさまざまな西洋薬も出ています。
腸のぜん動運動を緩やかにし痛みを和らげるもの、ガスの量を減らすようなもの、あるいは精神安定剤で自律神経のバランスをとろうとするものなどがあります。
良く効いて助けられたという人もいますが、体に合わず断念したという話しも聞きます。

たとえば、下痢は止まったが逆にひどい便秘になったり、お腹が張って苦しい、吐き気がする、眠くなって仕事に支障がでるなど、副作用が強くて飲みたくない、飲み続けているうちに効かなくなったなどの問題が出てくることもあります。

胃腸はとても繊細で、薬の合う合わないは個人個人で違います。
西洋薬は効果がシャープな分どうしても馴染めないということがあっても仕方がありません。ほかの人には良く効いた薬が自分に合わなかったからといってがっかりしないように。

お電話で相談

TEL:045-861-6321
受付時間
朝9時30分~夕方19時まで(日祝定休)

全国発送